人の顔

人の顔
新聞の連載で週一回、著名人の顔を描く挿絵の機会があった。似顔で良いのだろうか? 引き受けて見たものの、これは厳しいものだった。
似ていれば良いのか?何がどの程度、そしてその内容は、きりのない試行錯誤の連続だった。
初めは毛沢東と周恩来。

1件のコメント

  1. 人の顔、試行錯誤されたんですね。でも先生の新たな面が見えたみたいで面白いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください