色と演奏

色と演奏と感情
色と音楽ではなく、色と演奏の関係を絵にするとどうなるのだろう。喜怒哀楽ではないが、色彩もそれ自身さまざまな味わいがあり、色の組み合わせ、光、 重ね、大小、タッチや輪郭などで、表現は複雑で多様だし、人間の感情も捉えがたい。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください