黒について

黒について
新聞の挿絵をカラーで連載したことがある。長編だと挿絵のタネがなくなって来て、何を描いても変わりばえしなくなる。四苦八苦の末、何気なく、真っ黒な紙に描いてみた。当たり前なことに白が使える画面になり、全ての色が反転した。

新聞などの紙面の印刷では、下敷きの画面は白ではなく、透明な画面で、白 は抜けた状態で印刷されるものだというのがわかった貴重な体験だった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください