牛島憲之先生
「制作は十二まで描いて八に戻す」という言葉は厳しい作画の姿勢であり、風景の向こう側迄描いていて、言葉もない。
ちなみに、下の案内状は、牛島先生のサインを絵文字として解釈したものです。
囲炉裏端の親子の処へ凧を持って帰って来た子供の情景のように見えますが如何でしょうか?。

 

 

にほんブログ村 美術ブログへ
↑↑
次にここもクリック!


↑↑
より多くの方に私の絵を知って頂きたいので、それぞれ「アート人気ブログランキング」「美術ブログ」のバナーにクリックお願い致します。